頭皮のかゆみとフケの関係

毎日シャンプーしているのに、頭皮のかゆみを感じる人が多くいます。中には、かゆみと共にフケの悩みもあるという人も少なくないでしょう。
頭皮のかゆみの原因として考えられるのは、乾燥です。シャンプーのし過ぎや、間違ったケアによって頭皮を傷つけてしまったり、必要な脂まで洗い流してしまうと、肌環境は乾燥してしまい、かゆみにつながります。かといって、洗わないことが頭皮にいいというわけではありません。余分な皮脂が毛穴にたまり、細菌が繁殖してかゆみにつながってしまいます。爪を立ててシャンプーをしたり、ブラシで頭皮を叩くといった刺激も与えてはいけません。
一方、フケというのは、頭皮の角質細胞が剥がれ落ちたものです。細胞は生まれ変わりを繰り返しているので、古くなった細胞がはがれるのは自然なことです。正常であれば、目に見えないほどの小さなサイズですが、フケというのは目で分かるほどの大きさで、頭皮のターンオーバーが正常ではない証拠です。中には、フケは体質だと思い込んでいる人もいますが、頭皮のかゆみと同様、乾燥が原因になっていることもあります。かゆいからかいてしまい、その刺激で頭皮が弱まり、ターンオーバーが崩れてしまうというサイクルも考えられます。ストレスや生活リズムが影響していることもあるので、シャンプーを見直してみたり、規則正しい生活にするだけで、頭皮のかゆみとフケは改善することもあります。一度肌環境のことを考えてみましょう。www.shawniganresidentsassociation.com