産毛に剃刀はよくない

ヒゲの製造をめんどくさいと感じているのは父親だけではなく、女房の間にも少なくありません。女房のヒゲは父親ほど濃かったり、太かったりするわけでなくても、他人にどうして見られているかが意思になったり、メイクの情勢が悪くなったりといったポイントから、父親のように生えていても気にならないという人はまずいないでしょう。そのため父親よりもヒゲの製造に手をかける必要があるという人もいらっしゃる。
しかし適切な製造手立てを選択しないと、肌荒れなどのアクシデントが生じてしまい、別の悩みを抱えてしまうことにもなりかねません。ヒゲの製造手立てとして、父親にとっては社長チックだと当てはまるものに剃刀がありますが、その支出は女房にとっては御法度だと言えます。その大きな理由としては、ヒゲが濃くなるという点を挙げられます。これは厳密に考えると、濃くなると言うよりは濃く言えるというべきかも知れません。剃刀で剃ると、公に飛び出してあるヒゲ自体は処理できるのですが、ヒゲを途中の分厚いスポットで切断することになる結果、その断面のスポットが目立ってしまう。その調子から多少なりともヒゲが生じると、剃る前より濃くなってしまったと感じるのはそのためです。この観点は、電動タイプのひげ剃りによる場合も同様に起こります。
また剃刀には、肌荒れが生じるという問題もあります。ヒゲだけではなく、お肌の公の角質まで削ぎ落してしまうからです。それほどお肌の敏感な人は肌荒れを起こしやすいので注意が必要です。詳細はこちらのページ